耐震補強

建築基準法改定前の、昭和56年以前に建てられた建築物は、耐震性が低い可能性がありますので、耐震診断をおすすめします。


耐震診断とは?

建物が大きな地震に耐えられるかどうかを診断します。 下記の式により算出した上部構造評点により判定し、評点が1.0未満だった場合は、建替えや耐震改修工事をおすすめします。


上部構造評点判定
1.5以上倒壊しない
1.0以上~1.5未満一応倒壊しない
0.7以上~1.0未満倒壊する可能性がある
0.7未満倒壊する可能性が高い

川崎市木造住宅耐震改修助成制度

昭和56年以前に建てられた木造住宅で、耐震性の低いものについて、耐震性を高めるための工事にかかった費用の一部に助成金が出ます。

今までは精密診断、補強設計と耐震改修工事費用の2分の1かつ75万円が限度でしたが、 補強設計と耐震改修工事費用の2分の1かつ200万円まで助成金が出るようになりました。

耐震改修工事は、市の講習を受講し登録した、診断士及び施工者が行うことになっています。
弊社は川崎市木造住宅耐震改修助成制度施工者登録名簿に登録しております。
また、日本木造住宅耐震補強事業者協同組合(木耐協)にも加盟しておりますので、安心して ご相談下さい。